ホーム>オフィシャルブログ>"食"と"デザイン"
オフィシャルブログ

"食"と"デザイン"

毎度ありがとうございます。                                            

店長のしまざきです。                                                                                                        

世の中に星の数ほどあるオリーブオイル・・・                                                                                             店に立っていて、よくお客さんの口から、ふと漏れてくる言葉がある。                         「色々ありすぎて、どれを買っていいかわからないのよねぇ~・・・」                         

ごもっともなご意見である。

同じ量の「油」でも値段も味も大きく違う。また最近は「EXSTRA」に疑惑を持つ人も多い。だから、当店のオリーブオイルは可能な限り試飲をしていただいてから購入してもらうようにしている。たいがいのお客さんは満足顔で店を後にする。しかし、まれにどれだけ試飲してもピンとこない方もいらっしゃる。味がわからないわけではない。安い買い物ではないので迷って当然だ。

そんな時、数多ある優れたオイルの中から自分だけの"お気に入り"を選び抜くひとつの判断基準がある。

ずばり・・・"見た目"である。

・・・・・・(汗)。

今更いうまでもないが、スペインやイタリアなどは世界中のファッショニスタが集まる街だけあって、「デザイン」に対する執着が日本のそれとは大きく異なる。
衣服や車、家具に留まらず、"食"の分野でもそれはいえよう。

一昨年、当ブランドが日本国内での販売権を獲得して以来、じわじわ売れている商品が【フルムーン】というブランドだ。

元々、スペインのオリーブオイル・メーカーだが、それ以外にもバルサミコ酢(イタリアのモデナ産ではないので店では"バルサミック"と表記している)を作っており、これがまた旨い。ストロングのEVオリーブオイルとすこぶる相性が良く、塩いらずの無添加ドレッシングがこれだけで完成する。

最近では"オリーブキャビア"と称されるイクラのような粒状の「オリーブオイル・パール」と呼ぶ一風変わった商品をこのブランドが作った。技術的な製造の難しさが相まって値段が1個50gで3,200円と、馬鹿高くなってしまった。だが、日本の小売店ではまだ取扱いも皆無に等しく、「やる価値はある!」と見込んで、恐る恐る15セット限定で販売してみたところ、3時間で完売してしまった。。。

そんな、オリーブオイル業界に新風を送り続ける【フルムーン】は今年でブランド創設10周年を迎えるそう。

「祝!〇〇周年」を記念して・・なんてよく聞く話といえばそれまでだが、今回のこのフルムーン・・中身は変わらず、従来ある商品のボトル・デザインだけを変えてきた。もちろん限定ではあるが。

・・・・なんと潔い!

秘蔵の新製品を発表するわけでもなく、まさかデザインのみの変更とは。。。
まさにスペインらしい発想ではないか。

「ルフトハンザ」のファーストクラス機内オイルにも選ばれた正真正銘のEVオリーブオイルを10年間、ひたむきに作り続けてきた。これまでも、これからも"変えるつもりはない"との意志の現れでもあろう。この心意気がなんともニクイ!

実にミニマムで先鋭的なデザインが施されている。
有名な画家が書いたものらしい。

店頭販売は4月末を予定している。

ぜひ、店頭で"鑑賞"していただきたい。

限定フルムーン2.jpg

                                             

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.condiment.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/93